2000年の4月1日に日本で道路交通法が改正されたことにより、6歳未満の子供を自動車に同乗させるときにはチャイルドシートを取り付けて、それに乗せなければいけないという法律が出来ました。これによってチャイルドシートの需要も格段にアップしたわけですが、実際のところカー用品店などにおいて売り出されているチャイルドシートをよく見てみると、大きさが違ったりしているのに気がついた人も多いと思います。実際のところ子供が成長するのは早いですから、身長や体重の増加などによって、それにあわせた設計をされたチャイルドシートの開発もすすめられてきたのです。チャイルドシートは3種類のモノが存在しており、まずは赤ちゃんを乗せることが出来るように作られた、ベビーシートとも呼ばれることのあるチャイルドシートがそれです。これは後ろ向きに取り付けなければいけないなどの注意点が多くあるために、取扱説明書をよく読んで取り付けることが大切です。次に身長が100センチ以下の子供を目安に開発された幼児用のチャイルドシート、そしてもうすこし成長したときにステップアップグッズとして、身長135センチ以下が目安の学童用のチャイルドシートがあります。