自動車における法律には、道路交通法というものがあるのは周知の事実になっています。その道路交通法は日本において2000年の4月1日に改正されたものが新たにスタートしました。この中で、6歳未満の子供をいっしょに自動車に乗せるときには、その子供をチャイルドシートにすわらせて置かなければならないと義務付けられており、これを違反すると1点の減点になってしまいます。しかし中にはいつも行き先が近場だから、またはめんどくさいからとチャイルドシートに乗せずに自動車を運転させる人もいるのが事実です。こうした場合には違反になってしまうこともそうなのですが、その子供を同乗している大人のひざの上に乗せて、それでOKという人もいます。ですがこれはたいへん危険なことであり、もしその状態で事故を起こした場合、衝撃で大人ごと子供が吹っ飛ばされ、エアバッグのようにクッションの形で子供が押し潰されてしまいます。このことを日本でつくられた和製英語で「チャイルドバッグ」と呼んでおり、子供を意味する「チャイルド」と「エアバッグ」を組み合わせています。危険なのでチャイルドシートはしっかりと子供にはつけるようにしておかなければいけません。