いくらチャイルドシートの装着が義務付けられていると言っても、マイカーを持っていなかったり、マイカーを利用せずに子供と出かける場合にチャイルドシートをいちいち持ち運ぶほどの余裕は普通は存在しません。たしかに2000年の4月1日の道路交通法改正において、日本でチャイルドシートの取り付けが6歳未満の子供に義務付けられるようになりましたが、バスやタクシーと言う公共交通機関ではそれが出来ない場合も数多くあります。国もこのことをかんがえて、使用義務が免除される場合があると言うことを公表しています。まずはその公共交通機関において、幼児用の送迎バスやタクシーの乗車においては免除されます。また急な発熱や持病の発作などによって、救急車で運ばれる場合には緊急のためにこれも免除されます。それから授乳をする場合など、チャイルドシートを着用していては出来ない「生活において必要なこと」をするときにも免除の対象となるのです。また自動車においては乗り込む人数よりもシートの数が少ないことがあり、この場合はチャイルドシートを固定できないので免除になります。最後に、肥満などによってチャイルドシートをつけることがむずかしい場合にも免除されます。