日本においては、2000年の4月1日の道路交通法の改正でチャイルドシートの取り付けが義務化されました。これは6歳未満の子供をいっしょに自動車に乗せる必要がある場合におけるもので、チャイルドシートを取り付けない場合に背反の対象になってしまうので注意しなければいけません。さて、このチャイルドシートをえらぶときにはいくつか気をつけなければいけないポイントが存在します。チャイルドシートには乗せる子供の身長や体重の大きさによっていくつかの種類が存在していますので、自分の子供の今の身長や体重をかんがえてチャイルドシートもえらばなければいけません。それから子供のそうした成長だけではなく、自分の自動車のシートの形状にあったものもえらばなければいけませんので確認が必要です。またただ単に「安いから」「高いから」というだけで安全性が保証されているわけではなく、安いものでも技術の基準を満たしていればOKです。あと、保険がチャイルドシート専用のものがあるほかに、各自治体によっては補助金が出たり、リサイクルがおこなわれていたりする制度があることがありますので、そのあたりについてもしっかりと確認が必要なものになります。