日本の法律でも義務付けられているのですが、自動車を運転するときに6歳未満の子供を乗せるときにはチャイルドシートを取り付けなければいけないのです。このチャイルドシートについてなのですが、2000年の4月1日の道路交通法改正の時に義務付けられました。赤ちゃん用、幼児用、学童用と3種類の種類が存在しており、自分の子供の成長具合によってチャイルドシートもステップアップすることが出来るようにメーカーが開発をしてきました。それから自治体においては補助金が出たり、リサイクルなどをおこなっているところも存在します。ですが、バスやタクシーなどに乗る場合においていちいちチャイルドシートを持ち運びするのは不便なので、こうした場合には取り付けなくて良い、とその義務が免除されることもあります。またヨーロッパにおいては「ユーロNCAP」と呼ばれる衝突実験においてチャイルドシートがどれだけの安全性をほこるかどうかテストされることもあります。そして、子供をチャイルドシートにすわらせないで親がひざに子供をおいて自動車に乗っていた場合で事故を起こし、親にエアバッグのような形で押しつぶされてしまうことを「チャイルドバッグ」と呼んでいます。